This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告開始の手続き > 青色申告開始時の書類

青色申告開始時の書類

スポンサードリンク

青色申告を始めるのに必要な書類

青色申告を始めるには、「青色申告を始めます」という届出が必要になります。
それが「青色申告承認申請書」です。

青色申告承認申請書は提出期限がありますので注意が必要です。

■1月1日?15日までに個人事業を開始した人
3月15日までに提出

■1月16日以降に個人事業を開始した人
開業後2ヶ月以内に提出

■白色申告から青色申告に変更する人
3月15日までに提出

また新規に個人事業を始める方は「個人事業の開(廃)業届出書」も必要になります。
この個人事業の開(廃)業届出書は開業後2ヶ月以内に提出します。

新たに個人事業を始める場合

青色申告の申請書は青色申告をする、と税務署に申し出るための書類です。
その前に開業届を税務署に提出する必要があります。

サラリーマンから個人事業主になる場合、これまでは会社を通して払っていた税金を自分で支払うようになります。

税金を徴収する期間に書面でその事を報告するために必要となるのです。

この開業届は税金を納める場所に応じて2種類にわけられます。

<1>個人事業の開廃業届出書
→国税の所得税、消費税を納める税務署へ提出する書類です。
この届出書は税務署、国税庁のホームページ等で入手出来ます。
納税地は原則自宅ですが、事業所を選択する場合、提出先も事業所を管轄する税務署となます。

事業所を選択する際には、別途所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書も添付が必要です。
提出期限は開業後1ヶ月とされていますが、期限後も受理してもらえますので、忘れていても気がついたら提出しましょう。

<2>事業開始等報告書
→地方税の個人事業税を納める各都道府県事務所へ届け出る書類です。
地域によっては若干名称・手続が異なる場合がありますので、最寄の各都道府県税事務所か区市役所の市民税課などで確認してみてください。

また、都道府県によっては都道府県庁のホームページ上で申請が行える事もあります。

所得税の青色申告承認申請書を提出しよう

青色申告者になるには、所得税の青色申告承認申請書を提出する必要があります。
税務署、青色申告会、国税庁のHPなどから入手できます。

入手したら必要事項を記入しましょう。

事前に決めておくべき項目としては、屋号、簿記の方法(65万円控除なら複式簿記)、つける帳簿の種類などです。

この青色申告承認申請書の提出先はご自身が確定申告をして税金を納めている税務署になります。

基本は自宅のある地域を管轄する税務署になりますが、自宅と事業所の税務署が異なる場合、
事業所の所在地を管轄する税務署を納税地にする事も出来ます。ただし、事業所の方を納税地とする場合には、別途届出が必要となります。

管轄の税務署が分からない場合は、役所に問い合わせましょう。
提出期限にくれぐれも気をつけましょう。

1月1日から15日に新たに個人事業を開始した人は同年の3月15日までに、1月16日以降に個人事業を開始した場合は、開業日から2ヶ月以内、白色から青色に変更する場合は、青色申告にしたい年の3月15日までに届出がそれぞれ必要となります。

edit

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001