This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告 記帳の実務 > 記帳のポイント

記帳のポイント

スポンサードリンク

現金出納帳のポイント

現金出納帳は現金の動きを記録する帳簿です。

事業用の財布の入出金を記録する、という風に考えると分かり易いと思います。

現金出納帳そのものは家計簿などに近く、それほど記帳が難しいものではありません。

現金出納帳に記帳するのは直接現金でやり取りをしたものに関してのみ、記帳していきます。
通帳などから引き落とされるものに関しては、もう一つの預金出納帳に記帳します。

通帳から引き出したお金に関してはソフトを使って管理する場合、どちらに記帳しても問題ありません。
ソフトを使わない場合は、預金出納帳から記帳するようルール化すると間違いが少なくなります。


また、現金出納帳の記帳をしていくと、場合によっては残高がマイナスになることがあります。

こうした場合、事業主借という勘定科目をたて処理をしましょう。
要は個人事業主であるあなた自身の個人のお金の事です。

こうして処理する事で個人用と事業用の区別を行います。

また、一時的なことで少額であればわざわざこの処理を行わなくても構いません。

ただし長期・多額などの場合はしっかりと事業主借の処理を行いましょう。

売掛帳のポイント

売掛帳は売上の未収入金を売掛金で計上し、取引先ごとでまとめたものになります。

掛のお金ですので、売掛の発生時と入金時の2回にわたって帳簿をつけます。
発生時は大体請求書の日付や納品書の日付などが一般的です。

ここで一度消費税込の金額を売掛帳に請求書を見ながら転記します。

入金時には請求書と通帳を照らし合わせながら確認し、
売掛帳には普通預金として入金額を記帳していきます。

場合によっては現金で受け取る事もあるかと思いますが、
その場合には売掛帳には現金の勘定科目で金額を記帳していきましょう。

買掛帳のポイント

売掛金の反対に実際の仕入れが先で、代金の支払いが後になる場合の勘定科目が買掛金です。
これを仕入先ごとに支払いもれ、未払いなどの管理を行うための帳簿が買掛帳です。

買掛金として計上できるのは仕入代金です。
仕入れといっても様々ですが、事業内容に即した、
仕入れと考えられるものを計上します。

仕入代金以外の買掛は未払金として計上します。

売掛帳と同じで買掛帳も発生時と支払い時の2回にわたって記帳を行います。

発生時は受け取った請求書の日付、
それが無い場合には先方に設定した〆日で買掛帳に記帳しましょう。
いずれも消費税込の金額で転記します。

買掛金を銀行口座から支払った場合は普通預金で計上します。

買掛金と普通預金の金額が一致する事を確認してもれがないか確認しておきましょう。

預金出納帳のポイント

預金出納帳は基本的に通帳内容をそのまんま転記していくと完成してしまうものになっています。

ポイントとしては私もよくしてしまったのですが、重複した記帳をしない、という事です。

預金出納帳にも記帳したのに、他の帳簿にも記帳してしまって
重複した記帳になっていて、残高とソフトの金額が合わないんです。

これを防ぐためには、通帳をコピーして他の帳簿で記帳したものや、
預金出納帳に記帳したものなど、既に記帳したものにチェックを入れていくという方法が有効です。

後から帰って面倒な事になりますので、
最初から慎重にチェックを入れながら記帳していくことが預金出納帳のポイントとなります。

複合取引の処理

複合取引というのは、例えば5万円の請求書を出した売掛金があったとします。

これが振り込まれる際に、振り込み手数料(525円とします)をこちら負担にしていたとすると、
売掛金は5万円ですが、実際の入金は売上49475円、振り込み手数料525円という状態になります。

単一項目だった売掛金5万円が回収した金額と振込手数料という二つの項目に分かれます。

このような取引を複合取引といいます。
この際の処理を複合仕訳といいますが、
会計ソフトの場合、一般的に複合取引を直接記帳することが出来ません。

従ってこうした場合、振替伝票を使う事になります。

借方勘定科目を普通預金にし、回収した金額を記入、
その下にもう一つの勘定科目を振込手数料にし、振込手数料を記入します。
一方で貸方に売掛金を記入します。

edit

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001