This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告 経理の基本 > 経理の前に > 青色申告65万円控除のための義務

青色申告65万円控除のための義務

スポンサードリンク

青色申告でしっかりと特典を享受するためには3つの義務が発生します。
しっかり義務を果たしてメリットを享受しましょう。
以下に3つの義務についてそれぞれご紹介します。

<1>帳簿書類の備え付けと記帳
青色申告65万円控除では、7種類の帳簿を用意して、全ての取引を正規の簿記のルールに従い記録する必要があります。複式簿記といいます。

複式簿記は入出金の記録をするときに、それぞれのお金がどのような種類のものかを一緒に記録します。その種類の事を勘定科目といいます。また、それぞれのお金を勘定科目ごとに分けることを仕訳といいます。

面倒臭そうに感じられるかもしれませんが、会計ソフトを活用すると記録のときに勘定科目を選択するだけですから、案ずる事はありません。

<2>青色申告決算書の作成と提出
青色申告者は確定申告書に青色申告決算書を添付して提出する必要があります。
確定申告書に所得額、所得税額などすべての数字を集計したものを記載しています。
添付する決算書はその内訳を記した明細書的なものです。

この決算書は損益計算書と貸借対照表の2つに別れています。

損益計算書と貸借対照表を作成して、1年間の収支を明確にする作業が決算です。

<3>帳簿書類の保存
確定申告後、税務署に目をつけられると帳簿類を税務署員が調べる、税務調査が入る事があります。

こうしたときに、帳簿類をきっちり保管しておかなければいけません。

なので、青色申告をする方はかくて申告書、決算書を作成するにあたって依拠した各種の帳簿、書類、領収証を7年間保存しなければなりませんのでご注意下さい。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001