This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告のメリット > 節税効果の高い主要メリット > 赤字を将来の黒字と相殺出来る!

赤字を将来の黒字と相殺出来る!

スポンサードリンク

開業して暫くは赤字から中々抜け出せない事は多いです。

このような場合、白色申告では、原則として帳簿上、赤字を翌年以降に繰り越す事が出来ません。
しかし青色申告をしていると、この赤字を翌年から3年間にわたって所得から差し引く事が可能になります。

つまり3年の間に黒字となった年があれば、確定申告の際にその年の所得から1年目の赤字分を差し引く事が出来るのです。
その結果、所得額を抑える事で節税が出来ます。

このメリットをしっかりと活用するには、赤字が出た年に「損失申告書」を確定申告書と一緒に提出し、そのあと引き続き確定申告を行う事が条件です。

また、事業で得た所得以外に、ゴルフ会員権、生命保険等の収入があった場合は少し事情が異なってきます。

事業そのものが100万円の赤字であっても、たとえばゴルフ会員権を売り払って100万円の所得があれば、プラスマイナスゼロになります。

なので、各種所得を通産したうえで赤字が残るときにはじめて適用できるものである事を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001