This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告 経理の基本 > 経理の前に > 現金のやり取りを減らそう!

現金のやり取りを減らそう!

スポンサードリンク

現金のやり取りが生じる場面において、いかに現金のやり取りを少なくするかが経理を簡単にするポイントです。

それぞれの場面ごとに現金やり取りを少なくする方法を見ていきましょう。

<1>経費支払い
公共料金、事務用品、宅配便など様々な経費があります。
これらを現金でやり取りすると、銀行から下ろし、支払い、お釣りの管理、、という形で帳簿つけが数多く必要だったり、領収証の保存が発生したりと手間が発生します。

これを自動引き落としにすると、月末に一度だけ帳簿をつけるだけですむわけです。

<2>商品を売り上げた
一日の売上が現金として手元に残る各種小売やサービスの場合、これをそのままお店に残すと一日の売上が幾らだったかを記録するのに帳簿をつける必要があります。
また現金の管理が必要なので、セキュリティー的にも心配です。

一方毎日売上を銀行に全額振り込むと、毎日の帳簿付けが不要となります。

<3>仕入れ
仕入れも銀行振り込みを活用しましょう。一ヶ月の取引を月末で締めて、翌月末払いというケースが多いようです。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001