This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告 経理の基本 > 青色申告 経理の基本 > 青色申告 消費税の処理

青色申告 消費税の処理

スポンサードリンク

消費税は商品等の売上に対して5%かかってくる税金です。

普段の生活の中で、子供から大人まで幅広く納税しているので、良くご存知の税金だと思います。

事業者となると、この消費税についてもしっかりおさえておかなければなりません。
小売・飲食などは商品に消費税をかけているので、お客様から消費税を扱っているという事になります。
このため所得税と同様に自己申告して税務署に納付する必要があるわけです。

帳簿上での処理は税抜き処理・税込み処理のどちらでも大丈夫ですが、税抜処理の場合節税にはなりますが、かなり難しいので経理に詳しくない方は税込処理にしましょう。

さて、ここで消費税に関して大切な二つのポイントがあるので、そちらに触れておきたいと思います。

?課税売上が1000万円を超すと、その2年後に消費税を納税します。
→消費税は2年前の売上が1000万円超だとかかってきます。なので、消費税を支払う義務が生じるのは開業してから3年目以降という事になります。

?開業2年目までは必ず税込み処理をしましょう。
→売上1000万円以下では免税事業者となります。この場合消費税を納める必要がありません。但し注意をしなければならないのが、帳簿のつけかたです。免税事業者の場合は必ず税込処理で帳簿をつけなければならないのです。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001