This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告 記帳の実務 > 記帳のポイント > 現金出納帳のポイント

現金出納帳のポイント

スポンサードリンク

現金出納帳は現金の動きを記録する帳簿です。

事業用の財布の入出金を記録する、という風に考えると分かり易いと思います。

現金出納帳そのものは家計簿などに近く、それほど記帳が難しいものではありません。

現金出納帳に記帳するのは直接現金でやり取りをしたものに関してのみ、記帳していきます。
通帳などから引き落とされるものに関しては、もう一つの預金出納帳に記帳します。

通帳から引き出したお金に関してはソフトを使って管理する場合、どちらに記帳しても問題ありません。
ソフトを使わない場合は、預金出納帳から記帳するようルール化すると間違いが少なくなります。


また、現金出納帳の記帳をしていくと、場合によっては残高がマイナスになることがあります。

こうした場合、事業主借という勘定科目をたて処理をしましょう。
要は個人事業主であるあなた自身の個人のお金の事です。

こうして処理する事で個人用と事業用の区別を行います。

また、一時的なことで少額であればわざわざこの処理を行わなくても構いません。

ただし長期・多額などの場合はしっかりと事業主借の処理を行いましょう。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001