This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 勘定科目と仕訳 > 仕訳のルール詳細事例 > 修理費用や改装費用について

修理費用や改装費用について

スポンサードリンク

修理費用や改装費用等、維持管理や原状回復を目的とした費用については修繕費という勘定科目で処理していくことになります。

この際金額は20万円未満で概ね3年以内の周期で行われるものが対象となります。
自動車等、個人使用も仕事使用もあるものについては修繕費も仕事で使っている割合分経費計上が可能です。

固定資産の価値増加などにつながる大規模なものについては、資本的支出とされて、修繕費とは区別されますので注意しましょう。
周期的なものでなく、大規模な店舗改装などは資本的支出とされます。
このような場合、修理費用を取得価格に算入して、減価償却していくことになります。

以下に修繕費と資本的支出の判定例を記載しておきますので、ご参考下さい。
不安な場合は、最終的には税務署や税理士などの専門家に確認を取りましょう。

<修繕費>
■通常の維持管理費用
塗り替え、壁紙張替え等。
■概ね3年以内の周期的改装等
3年以内程度で定期的に行われる改装等。
■20万円未満
各種OA機器、パソコンなどの修理費用、点検費用等。
■原状回復費用
退去時の原状回復に充てられる費用等。

<資本的支出>
■用途変更
資材置き場から店舗に改良した等。
■新規機能や構造
店舗に地下室を増築する等。
■機械の性能や価値を増加させるもの
機械の部分品を取り替えることにより品質、性能をアップさせる費用等。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001