This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 勘定科目と仕訳 > 仕訳のルール詳細事例 > 水道光熱費、保険料、電話料金等の経費計上

水道光熱費、保険料、電話料金等の経費計上

スポンサードリンク

水道光熱費、火災保険料、電話料金等については自宅兼店舗・事務所の場合、仕事で使っている割合に基づいて経費額を決定します。

明細をしっかり保管して、仕事の割合についての根拠をきちんと説明出来る様にしておきましょう。

■電気代
床面積、コンセント、電球の数を基準に割り出します。

■ガス、水道代
使用時間、回数から求めます。家族、従業員の数によっても変わります。

■自動車
減価償却費、保険料、自動車税、ガソリン代、修繕費については月間何日くらい仕事で使ったかで割り出します。

■電話、インターネット
電話は使用明細から割り出します。インターネットについては使用日数、時間等から割り出します。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001