This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 勘定科目と仕訳 > 仕訳のルール詳細事例 > 自宅兼事務所・店舗の家賃について

自宅兼事務所・店舗の家賃について

スポンサードリンク

自宅と事務所や店舗を兼ねている場合、経費として仕事で使っている割合で形状する事が出来ます。
これは家事関連費にあたります。

自宅が100?でそのうち仕事で50?使っているとすると、自宅兼事務所・店舗費用の50%を経費として計上する事が出来るのです。

但し、賃貸と持ち家で計算方法が異なりますので、この点には注意するようにしましょう。

<賃貸>
賃貸の場合、計算方法は単純です。
毎月の家賃に仕事で使っている割合を掛けたものが経費計上可能な家賃となります。

<持ち家>
賃貸の場合の家賃と異なり、返済中の住宅ローン元本については経費にあたりません。
家屋の減価償却費、住宅ローンの金利、笠井保険料、固定資産税の合計額に仕事で使っている割合を書けたものが経費計上可能な金額となります。

なお記帳時には地代家賃の勘定科目を使いましょう。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001