This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 勘定科目と仕訳 > 仕訳のルール詳細事例 > 交通費の経費計上

交通費の経費計上

スポンサードリンク

仕事で利用したJR、私鉄、地下鉄、タクシー、バス、飛行機、モノレールなどなどの運賃や車のガソリン代、従業員を雇っている場合は従業員の通勤費、宿泊費、出張手当などの費用は全て旅費交通費として経費計上できます。

交通費は精算書をつくって、日付・経路・金額・目的を入力しておきます。
現金出納帳には表計算機能を使って月ごとにまとめた金額を一括で計上して構いません。

旅費交通費の勘定科目で該当する月の交通費と記入しましょう。

また交通費に関しては3万円以下のものに関しては領収書が不要ですので、
新幹線や飛行機でも3万円を超えなければ領収書をもらう必要はありません。

出張手当は従業員に対してのみとなります。

またあまりに高額な出張手当・宿泊費については所得税が課せられてしまいますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001