This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告お役立ち豆知識 > 経費関連豆知識 > 店舗・事務所を借りた際の敷金・礼金処理

店舗・事務所を借りた際の敷金・礼金処理

スポンサードリンク

家賃については地代家賃で経費処理しますが、敷金、礼金、仲介手数料などについての処理についてみていきましょう。

■仲介手数料■
不動産業者を介しての賃貸契約の場合、仲介手数料が発生します。この金額については全て経費で落とす事が可能です。勘定科目については支払手数料で処理します。

■礼金■
オーナーに支払う謝礼金です。最近は減ってきましたが個人の賃貸契約でもよく聞く名称ですね。
これについては20万円を境にして処理が異なります。
20万円未満の少額の場合は地代家賃で処理します。

20万以上の場合は資産とみなされます。そのため一括での経費処理が出来なくなります。賃貸期間か5年間で償却していきます。
勘定科目については長期前払費用で処理しましょう。

■敷金■
これは一時的にオーナーに預けておくお金となります。退去時の修繕、清掃代などにあてられます。
退出時に基本的に返却されるお金という位置づけですので、経費となりません。
もしも修繕費などが掛かった場合は雑損失という勘定科目で処理します。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001