This page:-新規開業者の為の-簡単!青色申告活用ガイド TOP > 青色申告お役立ち豆知識 > 経費関連豆知識 > 開業前の経費計上

開業前の経費計上

スポンサードリンク

開業前の準備にかかる費用計上の方法にうちてご案内します。

領収証の日付どおりに記帳するわけにもいきません。

こうした開業準備のために特になされた広告宣伝費や接待交際費、旅費等の費用は開業費という勘定科目で開業後に経費計上する事が可能です。

開業費に関しては将来にわたり硬貨が及ぶ支出なので、減価償却と同様何年かにまたぎ償却する繰延資産となりっます。
従って資産ごとに減価償却を記録する固定資産台帳で管理する事となります。

開業費の計上方法は、開業した年に経費処理する方法と、1年目の確定申告時に繰延資産として決算書に計上して、その後償却していく方法の2つがあります。

繰延資産として決算書に計上後、償却していく方法が年数・金額を自由に決められるため、使い易いかもしれません。
開業1年目から儲けが大きかった場合は、開業した年に経費計上したほうが節税効果を得られるので、儲けに応じて使い分けましょう。

スポンサードリンク

cms agent template0035/0036 ver1.001